2010年04月26日

エンジンルーム内の可燃物置き忘れで火災72件(レスポンス)

国土交通省は23日、自動車の不具合に起因する事故や火災の件数が昨年1年間で1138件あったと発表した。

このうち火災が984件と全体の86.5%を占め、さらにそのうちエンジンルーム内の可燃物置き忘れなどが原因となった火災が72件発生していることが分かった。火災の原因別では、ウエスなどの置き忘れが全体の8割を占めているため、同省は日本自動車工業会などの関係団体に対し、ユーザーへの注意喚起を行うよう文書で要請した。

同省の調査によると、エンジンオイルなどが付着したウエスの最低発火温度は330 - 350度で、特に高速道路などの登坂路を走行した直後にサービスエリアで停車するような、排気系温度が高いままで維持される条件では容易に300 - 350度に達し、発火する可能性が高いという。

このため同省では、運行前のエンジンルーム内確認のほか、車両を長期間使用しなかった場合は、小動物や鳥類に持ち込まれた小枝などがないことを確認するとともに、走行中に焦げた臭いを感じたときは走行を継続しないよう呼びかけている。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
タタ ナノ、インドで車両火災事故が頻発
損保ジャパン、セゾン自動車火災に資本参加
EV整備には診断ツール普及が必要
点検整備3項目実施で2%燃費改善---自動車エコ整備
トミカ40周年、販売台数ランキング

インサイトもタクシーに…埼玉知事が特区提案(読売新聞)
「家族旅行、宇宙や南極に」=日本の有人宇宙船に夢も−山崎さん、帰還後初会見(時事通信)
酒気帯びでタクシーと衝突 運転の男逮捕(産経新聞)
<訃報>玉置猛夫さん95歳=元自民党参院議員(毎日新聞)
アルパカも驚いた!?雨あがる“天功イリュージョン”(産経新聞)
posted by bsrpcmwdn at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

鳩山総理の「内閣崩壊」 官房副長官電話に「わからない」(J-CASTニュース)

 トップが指示したことを忘れたのか、部下の独断専行か――。いずれにしても、鳩山内閣はすでに組織の体をなしていないようだ。

 米軍普天間基地の移設問題をめぐって、移設策の候補地である徳之島の3町長らと話し合いの機会を持つため、滝野欣弥官房副長官が町長と鹿児島県知事に電話したことについて、鳩山由紀夫首相は「どのような思いで電話をかけたのか、わからない。わたしが存じ上げる話ではありません」と突き放した。

 移設先への正式な打診ではないということらしいが、官房副長官といえば内閣官房実務のトップ。総理の手足となって動く重要なポストだ。首相の発言とは思えない無責任さが漂っている。

■「『知らない』が口癖のようになっている」

 2010年4月20日午後、滝野官房副長官は平野博文官房長官の指示で徳之島の徳之島、伊仙、天城の3町長に電話し、「鹿児島市で平野氏と会ってほしい」と要請。鹿児島県の伊藤祐一郎知事にも電話して、会談への同席を求めた。

 しかし、徳之島の3町長は「平野長官に会えば民意に反する」と、これを拒否。4月18日に開かれた反対集会に約1万5000人が集まったことが「民意だ」とし、協議の余地のないことを伝えた。

 この件で鳩山首相は20日夜、記者団に「(滝野官房副長官の電話は政府内で)どのような位置づけか」聞かれ、こう答えた。

 「それは滝野官房副長官にお聞きください。わたしが存じ上げる話ではありません」移設先への正式な打診ではないということから、このような発言になったようだが、政治ジャーナリストの山村明義氏は、「内閣として取り組んでいる重要課題に対して、知らないではすまされない」と、ただ呆れるばかり。「首相の発言とは思えない」と手厳しい。

 普天間問題をめぐっては、4月20日に北沢俊美防衛相が、「徳之島は今の状況では厳しい」と発言、5月末決着は困難との見通しを示した。

 鳩山首相はこれにも、「あきらめの声だとは思っていない。北沢大臣がどのような思いで申されたのかわかりませんが、鋭意努力しているところです」と答えている。

 前出の政治ジャーナリストの山村明義氏は、「都合が悪くなると『知らない』『わからない』。そう言えばすむと思っているのではないか。『知らない』が口癖のようになっている」と指摘する。

 たしかに、実母から資金提供を受けていた偽装献金問題のときもそうだった。周囲のせいにして知らぬ存ぜぬで押し通せば、勝手に事態が進んでくれると思っているフシがある。「育ちのよさというか、甘えの構造があるんでしょう」と話す。

■米国と水面下で交渉と逃げる

 普天間問題は5月末決着どころか、ますます泥沼化している。いずれにしても、近く平野官房長官が徳之島を訪ねることになるが、たんなる謝罪なのか、最終的な打診になるのかは不明だ。ただ、「打診」となると3町長は「会わない」ことを表明しているのでむずかしい。

 4月21日に行われた国会での3回目の党首討論では、自民党の谷垣禎一総裁が「そろそろ腹案を明らかにすべきでは」と質問、鳩山首相は「腹案をもっているのは事実。しかし、米国に理解してもらうべく水面下でやり取りしている最中のため言えない」と答えた。

 米国側は国内調整が先だとして、具体的検討は拒否しているというのがもっぱらの見方だ。いったいどこまでが本当のことなのか、首相の言動からはうかがえない。


■関連記事
「普天間」暗礁で鳩山内閣剣が峰 衆参ダブル選挙説も飛び出す : 2010/04/19
普天間5月決着「絶望的」 ささやかれ始めた鳩山首相の「次」 : 2010/04/14
内閣支持率「危険水域」20%台 首相「改革の方向間違ってない」 : 2010/04/12
渋谷のシンボル「QFRONT」 激レアフィギュア限定配布決定! : 2010/04/20
年次有給休暇「取得目標70%」  実現可能か低すぎるのか : 2010/04/20

無人駅の運賃ごまかし、百円単位でも刑事告訴へ(読売新聞)
<宝塚音楽学校>タカラジェンヌ卵たちが第一歩…入学式(毎日新聞)
小さな体はミイラのようだった…ネグレクトの果てに(産経新聞)
<山崎宇宙飛行士>地球帰還、20日に延期…気象条件悪く(毎日新聞)
21日に党首討論(時事通信)
posted by bsrpcmwdn at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

強風 東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も(毎日新聞)

 発達した低気圧の影響で、北海道や東北地方は14日、荒れ模様の天候となった。

 気象庁によると、午後6時現在、北海道広尾町で最大瞬間風速40.6メートルを記録したほか▽北海道えりも町(同36.5メートル)▽山形県酒田市(同31.5メートル)▽青森県深浦町(同31.2メートル)で最大瞬間風速30メートルを超える強風を観測した。

 気象庁は15日明け方にかけ、引き続き暴風や高波、吹雪に警戒するよう呼びかけている。

 強風による被害も相次いだ。秋田県男鹿市北浦北浦では14日午後1時20分ごろ、民家2階の屋根(高さ約6メートル)から同市船越前野、板金工、日景勉さん(55)が転落。頭を強打して死亡した。県警男鹿署の調べでは、日景さんは強風ではがれかかった屋根を修理するため4人で作業中、強風で地面に落ちたらしい。同県内では屋根から転落したり風にあおられたシャッターにぶつかって2人がけがをした。

 青森市浪岡では午前10時半ごろ、自転車に乗っていた70代女性が強風にあおられて転倒して側溝(深さ約20センチ)に落ち、足に軽傷。青森県弘前市高杉では午前5時55分ごろ、小屋のトタン屋根が長さ約20メートル、幅約10メートルにわたってはがれて同市糠坪の高圧電線に接触、断線。410世帯が一時停電した。

【関連ニュース】
寒暖の差:原因は平年より強めの寒気と暖気のせめぎ合い
天候:3月の降水量、東日本太平洋側で最大値更新…気象庁
天気:宮古で氷点下20.3度…各地で2月並み寒さ
気温:4月は高め 気象庁3カ月予報
強風:千葉市で38.1メートル 全国で黄砂を観測

400系つばさ、ラストラン=初代山形新幹線、ファンら別れ惜しむ(時事通信)
<1Q84>「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か(毎日新聞)
郵便不正公判 「自立支援法」供述 副検事が誘導認める(毎日新聞)
<小林市長選>元副市長の肥後氏が初当選 宮崎(毎日新聞)
<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)
posted by bsrpcmwdn at 09:32| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。